いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ジーン・ワルツ

【概略】
廃院寸前の産婦人科医院・マリアクリニックの院長代理を務める曾根崎理恵。彼女が禁断の治療をしているという噂を聞き付けた帝華大学病院のエリート医師・清川は、理恵の周辺を探り始めるのだが…。
ドラマ


.5★★★☆☆
菅野美穂、田辺誠一共演。このキャストだけでも観る価値あったわ。
出産を中心としたヒューマンドラマ。海堂尊さん原作の小説を映画化したものだけれど、どうやら方向性がだいぶ違うようで?
実際に産婦人科が廃院したり、産婦人科医が少なく受け入れ拒否する場合もあるという事実があっての話。前半部は件の産婦人科の実情が語られますが、後半はそれぞれの患者の事情を含めたヒューマンものになっています。
菅野さん演じる理恵は、顕微授精のスペシャリストで、今の産婦人科の体制に毅然として立ち向かっている医師。一方田辺さん演じる清川は体制の中から今の現状を変えようとしている人物。2人の目的は同じではあるが、居場所と手段が違う。
院長が末期がんに侵されたため、マリアクリニックでは4組の妊婦だけを受け入れていた。それぞれ事情がある。出産をためらう女性もいる。しかし、人工授精だろうが、高齢出産だろうが、代理母だろうが、子供を生むことには変わりない。そしてそれは求められ愛されて生まれてくる子供なのだと信じたい。理恵の言う「生命の誕生はそれ自体が奇跡」と言う台詞は、そのまま私達が思っている事と同じだと思う。
それにしても嵐の中での3人同時出産という漫画の中のような展開はちょっと萎えてしまった。展開がベタベタすぎる。そして浅丘ルリ子さんの存在感が凄すぎてちょっと浮いてる。
出産には感動がつきものだけれど、この作品には若干全体に薄い印象が残る。結局理想論だけでまったく体制を変えられない現実が残るからだろうか。そして無粋だけれど、やはり理恵の子は清川との間の子なんでしょうね。