いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

酔拳 レジェンド・オブ・カンフー

【概略】
妻の兄・ユアンに息子を奪われ自身も瀕死の重傷を負ったスー。自責の念に駆られて深酒に溺れた彼は、“武神”と“ヒゲ仙人”に出会い“酔拳”の修行を開始する。
アクション


.0★★★☆☆
概略の「ヒゲ仙人」って^;イメージとしてはわかるけど、他にこう…なんかさぁ。
酔拳といえばジャッキー・チェンの出世作ですが、酔いどれ師匠のモデルとなった実在の創始者スー・サンの酔拳を完成させていく姿を描いた作品。
とはいえ、実在の格闘家ものと思ってみたら武侠ファンタジーだったり異種格闘技ものだったりと色々と混在しています(笑)。ある意味統一感のないところが面白いです。突っ込み所は満載ですが、とりあえずカンフーものですし吹き替えは欲しかったかなー。
あと悪役に相応しい五毒邪拳…その名の通り手から毒がでてきてるみたい。しかも金で作った鎧を肌に縫い付けるってどうよ(゚ロ゚;)。やたら生白いのもいかにも悪役の感じがしてわかりやすいですね。
静養生活の間、妻の言葉に支えられ再び発起するスー。そしてそこで出会う武神とヒゲの仙人。夢のような夢幻の中で戦い学んでいくスー、ユアンの元にいるわが子を取り戻すため、自らの自信と誇りを取り戻すため。
ユアンとの決戦のあと、妻を亡くしたスーは放浪しながらまた酒飲みに戻るのですが、そこで酔いながらも心は動くという酔拳に触れる。武術連盟総裁となったマーと再会したスーは、懸け試合でロシア人と戦う。
これ、酔拳あんま関係ないじゃん、と思ってしまったー^;酔拳の型になるのはロシア人との戦いからみたいなもんですし、ほとんど復讐譚だった中盤は酔うの関係なかったしね~。しかし酔拳の型になってからは敵なしです。
献身的な妻役の方が永作博美さんにちょっと似てた。