いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

【概略】
舞台は19世紀の英国ロンドン。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに再開した理髪店、そこで腕を振るうのは、殺人理髪師スウィーニー・トッド。胸には復讐、目には狂気、そして手にはカミソリを―。
ドラマ・ミュージカル


.0★★★☆☆
ティムバートン×ジョニデの陰鬱な復讐ミュージカル映画。
終始薄暗く陰鬱な表現と血の気のうせた表情などで、不気味にみえますが、ジョニデのスゥイニートッド自体は、不気味さはあるものの卑しさや醜さが若干薄く、どちらかというと上品な印象。
グロテスクな表現が多いと公開時に見た知人がいっていたのですが、そうでもなかったなあ。後半の殺戮→ミートパイのくだりは残虐シーンではありますがテンポがよく、コミカルでさえもありました。
ヘレナ・ボナム・カーターはさすがに上手いです。ジョニデも声量がたりないなどいわれてましたが私的にはかなりよかった。
ストーリー的な衝撃度が薄く先の展開が読めるのが難ですが、わざとらしい作り物的見せ場の血しぶきなども含め、なかなか面白かったです♪