いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ

【概略】
源氏と平家の決戦、壇ノ浦の戦いから数百年後。とある山間の寒村に言い伝えられる“お宝”を探し求め、義経率いる源氏軍(白)と清盛が指揮する平家軍(赤)が対立し村人を巻き込んでの抗争を繰り広げていた。そこに心に傷を負った一人のスゴ腕ガンマンが流れ着く。「いったいお前はどっちの用心棒になるのだ!」それぞれの思惑がぶつかり合い、裏切り、欲望、そして愛が入り乱れ、事態は壮絶な戦いへと激化していく…。
アクション


.0★★☆☆☆
濃いな^;;てのがとにかく最初の印象。タイトルとジャケットを見たらわかりますよね、とりあえずバカと突っ込み要素満載の映画です。
ドン引きしたり失笑したりさむ~~くなったりしながら(この間ここで見るのやめようかと何度も思いましたw)なんだかんだでラストまで見てしまうと、これはこれで熱い、と思えてしまうから不思議です。
とにかくオイオイ、と思うことばかり。タランティーノまででてるよ…。アニメオタクで息子の名前がアキラって…もうなんでもありだ…。「すき焼きはオカズジャナイ!」
気合が入ってるんだか入ってないんだかわからない作りでめちゃくちゃで、正直映画としては駄作です。が、勢いだけはものすご~~~くありますね。