いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

スーサイド・マーダー

【概略】
殺害された作家仲間の書いた小説を自分の作品として発表したジュリア。期せずして本はヒットするが、その作品の中身をなぞらえるかのように彼女の周りの人々が自殺していき…。
スリラー


.0★☆☆☆☆
ジャケットで感じていたようなバスタブの中の猟奇殺人的な感じではなかったです。二時間サスペンス劇場タイプでした。
主人公の女性がどうも好きになれない感じのタイプ…
犯人自体もはじまってすぐ「ああこいつか」とわかります。展開が下手なのかわざとなのか…あの人しかいませんよね。
小説自体の設定…犯人自体が書いた、医者から進められた心理措置であったという点はなかなかよかったです。ただ、ポイントとなる「由々しき悪行」自体があんまりおもしろそうにみえないんですよね^;