いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

【概略】
砂漠の惑星で家族を待ち続けている孤独な女性レイは、謎のドロイドBB-8とストームトルーパーの脱走兵フィンと出会い運命が一変する。
SF


.0★★★☆☆
みんな、これが面白いの?私は無難な作りでまとめたように思えたな。
エンタメではある。多分パッと見たら面白いんじゃない?でもすぐ忘れると思うし、なにより違和感が凄くて…。
強めのフォースをもっているからといって、初めてのライトセーバー戦で華麗に戦うヒロイン・レイ。
ハン・ソロの息子カイロ・レンがダークサイド(またかよ、と思う)、そして父殺し(性格的に死んでない気がするけど…でも姫はなにかを悟ってたっぽいしなあ。チューバッカの新たな相棒と言うかパイロットとしてレイってことなのかな)。
あとさ、これは仕方ないのかもしれないけれども、カイロ・レンの普通すぎる容姿。どうにかならなかったのかねアレ。まああの容姿のおかげでそのへんの物に八つ当たりしたりと子供っぽい性格がとっても納得いったわけですが。
少なくともこれは「スターウォーズ」エピソード7ではないですよ。最終的にアナキン出生のルーツに繋がったら面白いかもですが…。旧ファンを釣るための旧キャラのサービス出演にもあざとさを感じずにはいられない。「ジェダイの帰還」とあったように、SWは親と子の物語であった(ルークの答えに対してのベイダーの答え)と、個人的に思っているので、なんか別作品をみてるような気分でした。
ゆとり人類っぽいカイロ・レン含めて敵キャラも薄くて、存在感がない。
宇宙・銀河の広がりも世界観から感じ取れず、これじゃエピソード4の焼き直しだろう。そう思う人結構多いんじゃない?
一般兵のトルーパーに負けるフィンが、カイロ・レンに一撃を喰らわせるシーンたらもう…萎えたよ。新鮮味のなさとカリスマ的悪役の不在は、致命的でした。
あと鍛えてたはずの師ルークは隠遁しましたが、師だからこそ弟子の不始末をなんとかするとかこう…なかったのかねえ。とりあえず、レイとルークとが出会えてこのエピ7は終了。
抑え抑え目の作品、8及び9作目でどう変わるか。