いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ステイ

【概略】
精神科医のサムは、謎に満ちた若い男性患者ヘンリーを担当する。ヘンリーは死にとらわれており、自分は3日後に自殺すると予告した。サムの恋人のライラはサムの元患者で彼女の不安定な精神状態はサムの精神的負荷でもあった。彼女を愛しているが結婚指輪をずっと渡せないまま。ある日ヘンリーが忽然と姿を消し、不安を隠せないサムは必死にヘンリーを探し回るのだが…。
スリラー


.0★★★☆☆
シーンごとになにか伏線がありそうな見せ方で、これは実はヘンリーとサムは同一人物なのではと思わせるような描写でしたが、実際は違いました。
死に向かう人の脳内世界というのか、オチがわかってからみると、風船が空にむかっていくシーンでさえ切ない描写に変わる。
タイトルの「stay」は、そのままの意味ですね。合間合間に現れるヘンリーの頭の中の人物たちの台詞でオチはなんとなくわかってくきますが(あれじゃ助からない、この人死ぬの?などです)自分ではない人物を世界の中心にもってきたことで、難しくわかりにくくなってます
つまりこの世界は死に向かうヘンリーの頭がその死の結末にむかって作り出した走馬灯のようなものなんです。現実世界ではなく、いままさに「ヘンリー!死なないで!」といっている現実世界では一瞬の間のできごとということ。
ナオミ・ワッツが凄くきれい。