いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

スティーブン・キング シャイニング

【概略】
コロラドの雪深い山中にそびえたつ豪華なホテル。冬の間は陸の孤島となるこの地に、管理人としてやってきたトランス一家。過去に管理人が一家を惨殺するという事件があったこの地に、一歩足を踏み入れた瞬間から、何かが少しずつ狂い始めた…。
スリラー


.0★★★☆☆
S・キング版の「シャイニング」です。キューブリック版『シャイニング』に不満を持ったスティーブン・キング自身が作り直して総指揮をとった作品です。
確かに、キューブリック版シャイニングと違い時間もたっぷり4時間以上とって、TV版なので多少のへっぽこさはあるけれど物語自体が非常にわかりやすくなっています。
これは家族の物語だったんですね、物語の核はつまりは息子の能力なんですけど、後半部分が若干グダグダになります^; うーん?って思ったのが、ボイラーのところですね。あそこ見せ方が下手なのか、パパの最期なんですがいまいち感傷的にならない。
キューブリック版シャイニングは話がどうとかよりもとにかくジャック・ニコルソンさんの怪演が物凄い強烈な印象で不気味でしたが、こちらはそうでもない、でもよくまとまっています。どちらがいいということではなさそうですね。
ラストで成長した息子の前に現れるのは凄く良かったですねえ~。