いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

スティーヴン・キング ファミリー・シークレット

【概略】
結婚して25年目を迎え、幸せに暮らしていた主婦・ダーシー。ある時彼女は、夫のボブが、長年にわたって全米を震撼させ続けている連続猟奇殺人犯であることを知ってしまう。
サスペンス


.5★★★☆☆
夫の秘密を知ってからの、夫婦の会話に緊張感が。
夫が12人も殺害した連続猟奇殺人犯だと判ってしまった時、妻ダーシーは「ちょぉおお、ないないない、嘘嘘嘘」そんな感情から解き放たれた後、自分と子供のことを考えた…ということなんでしょう。
警察に通報したところで連続殺人鬼が自分の夫で子供たちの父親だという事実は変わらず、全てを失うことになる。ここは難しい考えどころだぞ。でもって夫がそうだと知った後には、もうその行動がいちいち不気味で触られるのすら恐ろしくなり…。なんせ被害者から取ったアクセサせりーをプレゼントされてたんですからねぇ。
で、考えた末、ダーシーは夫を殺しました。(゚ロ゚;)
観ている私も突然で驚きましたが、ちゃんと事前に計画を立て(悟られないように普段の振りをして)準備して。なんせ、窒息死させるためのタオルとジップロック的袋を用意していて、タオルの繊維が口の中に残らないように、タオルをそのジップロック的袋に被せて…というアイデアは主婦ならではの知恵ですね。その袋を洗ってお肉を入れて冷蔵庫で保管するのには更に驚きました。普通捨てるだろ、そんなのに使った袋。でもこれも主婦の知恵、多少の血がついていても誰にもわからない。
夫の秘密を知らずに幸せいっぱい25年の時のダーシーの表情は可愛らしかったので、その豹変振りがなかなか良かったですね。熟年夫婦の濡れ場まである作品です(笑)
一度殺しかけて失敗し、最初は病院まで殺しに来たのかと思ったのですが、実はそうではなかったダーシー。証拠を見せに来た。真相を暴きに来た(どういった経緯で見つけたのかは謎)男に「君は正しい事をした」と言われるラスト。二人だけの秘密、彼は自分の秘密をダーシーに話した、墓場までもっていってくれるだろう。