いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

スパイダー・パニック

【概略】
走るトラックから投げ出された産業廃棄物の影響で、クモ研究所のクモたちが巨大化し、人間を襲い始めていく。父の炭鉱会社を継ぐため町に帰って来たクリスや、シングルマザーの保安官サム、その息子でクモ博士のマイクなどが、やがてこれに立ち向かうはめになるが…。
パニック


.5★★★☆☆
B級モンスターパニックの無数の巨大化したクモたちが田舎町を襲う映画。
残虐描写はほとんど無くて、そのかわり蜘蛛がブチュッと蜘蛛汁ぶちまけてブッ潰れるシーンは山ほど出てくるので、蜘蛛が超苦手な方は注意が必要ってくらいかな。
スカちゃんが若いよね~。
蜘蛛たちが結構おちゃめ。ガラスにぶち当たって気絶してズルズル落ちたりと何とも憎めない行動を見せる。でも…これだけいたら、首の後ろとか背中が痒くなってくるわ。
劇中では何気に深刻な数の人命が失われているようなのですが、基本コミカルな感じなので、あまり真剣に受け止めなくてもよいかと。
出演して下さる蜘蛛様がたも、たくさんの種類がいて、蜘蛛好きにはたまらないものがあるかもしれない、と思わせる。
人間VS蜘蛛の戦いが白熱するパニックシーンでも小ネタが効いていて、あの「ジェイソン」がチェーンソーを振り回しながら瞬殺されるとこなんかは爆笑必至。ボブ老人は天井でくるくる回されてるし(笑)
モールに集まってゾンビならぬ蜘蛛の来襲なわけですが、ここで蜘蛛好き少年の知識が活かされてくる。香水とかね。オスの3倍から5倍の大きさのメスのコンスエラが金脈のところにいて、クリスは一時的に坑道を爆発させてコンスエラを倒すのです。モールは大崩壊(笑)
お父様に聞いたとかってラブロマンスも簡単に成就しちゃって、ご都合主義的なところはありますが、面白いからいーんです。