いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

SPIRAL スパイラル

【概略】
トニーが尋問した凶悪レイプ犯、ジェイソン・エグリーが仮釈放される。同じ頃、女性強姦殺人事件が発生。その手口はエグリーが有罪になった手口と酷似していた。
サスペンス


.0★★☆☆☆
ワイヤー・イン・ザ・ブラッドのシーズン4最終作。相変わらずの重苦しい雰囲気とトニーの精神不安定さがいいですよねー。
今作ではかつてレイプ殺人で犯人だとして分析したエグリーが仮釈放され、その後同じ手口のレイプ殺人がおこるというもの。かつての殺人者は獄中で改心したとして犯罪心理学を学んでいた。心配性のトニーが彼が犯人だと疑っているうち、以前の有罪判定に使われた分析が誤診だったのではと騒ぎになり大ピンチに!
過去の分析ビデオも、相変わらずのスレスレ具合…どうみても誘導してるようにしかみえないよ、これは、まずいよねえ^; まあ、トニーにとっては普段のなりきり分析なんですが…。
過去の事件では自白をとってもDNA検査をしていないってところが警察側のミスですよ。…で再捜査をすることになるんですが当然のごとくDNAが合致しない。ますます大ピンチのトニー。
…が、精神誘導されやすいエグリーに対しトニーの影響で別意識がでたかもという分析医の判定をアレックスにきいて、それは聞いてみたい!とテープをもらって絶望から俄然ヤル気がでて目を輝かせるトニー。…ええ、彼はそういう人ですよね…。
同窓会で再会した元彼女の自殺や腫瘍の再発の疑いなど、トニー自身に関わる内容もてんこもりでした。アレックスへの早朝の電話は相変わらず突拍子もないおかしさ。そのなかでの何気ない一言「オーブンに靴がはいってるが気にしないでくれ」…なんでーーーー!!? 人ん家で、あけないよ、そんなとこあけないよ!!
心理分析って難しいよね。本当にそれがあっているのか、それは誰にもわからないでしょう。トニーがいつも悩み、苦しみ、場合によっては本人以上に傷つくその様子には、確かに変人なのかもしれないけれど真摯な誠実さを感じます。