いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

SUPER 8/スーパーエイト

【概略】
1979年、アメリカ・オハイオ州。8ミリカメラで映画撮影をしていた6人の子どもたちのそばで、貨物列車の衝突事故が発生。貨物列車は空軍施設・エリア51からある場所へと研究素材を極秘に移送中だった。アメリカ政府が隠す秘密を目撃してしまった子どもたちのカメラには、事故の一部始終が記録されていたが...。
SF


.0★★★☆☆
J.J.エイブラムス×スティーヴン・スピルバーグということだけど、スピルバーグ色が強い気がする作品。ダコタちゃんの妹のエル・ファニングちゃんがヒロインを演じています。
期待して見た割には、割と普通な気がします。妙に懐かしさを感じさせられる展開、少年少女たちの友情や葛藤、仄かな恋心、冒険心。「E.T」と「スタンドバイミー」の要素満載って、確かにね。列車事故シーンの大迫力はエイブラムス色ですよね。
ツッコミどころは満載だしストーリーも王道な感じなんだけど、妙にひきつけられるものがあったりして、不思議な感じ。しかし貨物の中にいた「何か」を少々引っ張りすぎ!でもワクワク感もそんなにないし感動系でもなかったのだけど、後半のミサイル飛び交う街中を子供達が走っていく姿にはなぜか感じ入るものがあった。
たくさんのキューブ型に変形する宇宙船というのは新しいですよね。バスのシーンからみてクリーチャーは蜘蛛っぽい形態にみえました。そんでもってあれだけの台詞で人間を捕食する「彼」にジョーの気持ちが通じたのは不思議。あ、これもつっこみ要素か。
子供達が自主製作映画を撮ってる作品って「リトル・ランボーズ」もそうだけど、楽しそうでその姿を見るだけでもほっこりできちゃうよね。エンドロールの少年らが作ったゾンビ映画もなかなか良かったです。おデブちゃん役の子がなんだか可愛くてよかったなー。