いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

スリープウォーカーズ

【概略】
引っ越してきたばかりのチャールズは母のメアリーと2人暮らしをしていたが、不思議なことに、彼らの家の周りには無数の野良猫がたむろしていた。チャールズとメアリーは、猫だけがその正体を見破ることができる、人間の姿をしたバンパイヤスリープウォーカーだったのだ。
ホラー


.0★★☆☆☆
華麗なる猫アクション(笑)+モンスターもの。原作はスティーブン・キング。
チャールズを「チャームド~魔女3姉妹~」のレオ役ブライアン・クラウスさんが演じていました
このスリープウォーカーの親子ですが、色んな能力をもっているし主食は処女の血。でも唯一の天敵が猫。猫って魔力をもっているんですよね(9つ命をもっているともいわれるし)。
猫好きの人は冒頭ちょっときついかもしれない。猫が無数に殺され、死体が吊るされたり放置されたりしています。
親子なんだけどインモラルな関係なのね。それは人間の常識なんかは関係ないのもそうだろうけど唯一の同族同士だからなのかも。
大量の猫が道路を走っていくシーンはなかなか圧巻。とくに黒人警察官の愛猫クロビスが可愛かったな~。
タニアの「死ねえええええ」にはちょっと笑っちゃった。猫アクションとはいっても、飛び掛るくらいですよ。まさか火がつくとは思わなかったけど…。
ロン・パールマンさんがこっそり出ていましたね。