いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

KARATE KILL/カラテ・キル

【概略】
空手家・ケンジはロサンゼルスに留学した妹・マユミが音信不通になり渡米する。その頃マユミは謎の組織、キャピタル・メサイアに捕らえられていた。ケンジは妹を救うため組織に殴り込む。
アクション


.5★★★☆☆
あ、手じゃないんだ、ティーなんですね。
飛び散る血しぶき、砕ける骨、揺れる乳、炸裂する殺人空手!!
冒頭からおまへいくつ仕事してるんだよwと笑えた。
映画としては微妙にチープ感なんだけど、むしろそこがいいというかね。
「髪の毛はやめろよぉ」吹いたwww
空手の型が何流なのかはわからないけど、強くてかっこいいわー。決してイケメンではないんだけども、格好良くみえてくる不思議。
銃の心得のある復讐心をもつケイコと組み、キャピタル・メサイアに乗り込んで妹マユミを助けると言う話です。
ケンジの躍動感にあふれる型や動きが良かった。弾丸を避けてかつ銃撃者の懐に入るのとか格好いいな。
しかしすでに妹はキャピタル・メサイアに洗脳され…。
ぐらぐら揺れるトラックの中での死闘も新鮮な演出だった。剣豪VS空手。侍同士の戦いってことで中継も盛り上がる。
そんな中、あの「髪の毛はやめろよぉ」の男がケンジに教えを与えるんですね、もちろんこいつは死んでるから、ケンジの頭の中の出来事なんだけど。
そして最後はやはり拳。すげーかっこいい。
B級映画ではあるのだけれど、日本人でもちゃんとしたアクション出来るのね。
兄妹愛も描かれててそこも良かったです。