いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

【概略】
時は戦国。小国・秋月の城が隣国・山名の侵攻を受けて陥落。そんな折、山名軍から逃げ出した金掘師の武蔵と木こりの新八は、偶然から秋月の隠し金を発見し…。
アクション


.0★★☆☆☆
オリジナルのリアルな泥臭い人間味を消し去り、そこに青春恋愛ドラマ部分をいれて仕上げたのが本作といっていいと思います。
三船敏郎が演じた真壁六郎太を阿部寛さん、雪姫を長澤まさみさん、労役から逃亡した2人が松本潤さんと宮川大輔さんが演じていました
オリジナルとはイメージがかなり変わる作品でした。比べずにみたとして、途中まで思っていたほどは酷くないな(かなり酷いものと思っていましたw)と思っていたら、後半のグダグダ感はこれは…^;
敵側の思惑も小さかったですね。チープな恋愛物をいれないで作れなかったのだろうか…唐突に急接近しだす2人に、どうも違和感を感じてしまいましたよ(姫を「雪!」と呼ぶのもなんか…うーん)
何度かオリジナルを思い起こさせる演技や台詞があったのですが、それも前半だけで、後半はもう完全にそれぞれ前半とは違うキャラクターと化していたと思います。
あとED曲の 裏切り御免さ もどうにかしてください;
やっぱりアイドル青春ドラマでしたね; 二時間ドラマスペシャルとかで年末年始にでも放送していたら面白く思えたかも知れません。