いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

崖っぷちの男

【概略】
N.Y.のホテルの21階から飛び降りようとしていた脱獄犯のニック・キャシディ。彼は交渉人としてリディア・マーサーを指名するが、それは自らの潔白を証明するための計画だった。
サスペンス


.0★★★☆☆
主演にサム・ワーシントンさん、共演にエリザベス・バンクスさん、ジェイミー・ベルさん。
冤罪を晴らすための賭けに出た元警察官のニック・キャシディ。
21階から飛び降りようとしているニックと交渉人リディアの駆け引き、ニックの弟とその恋人がニックの指示に従って実行するある計画とが同時進行する物語。なぜ、こんな状態に陥ったのか?またその裏にあるものとは?
実際に幅35センチの“崖っぷち”に立って演じたというから驚きとともに、その緊迫感が伝わってくる。何故主人公が壁際に立ち続けるのかが次第に明らかになっていくのが面白く描かれており、その緻密な頭脳戦が痛快でもあった。無実を証明しようと実行するのは弟とその恋人。
盗まれたダイヤが実在することを証明してみせたくだりは完全に運だったけれど、熱狂的な弱者救済をとなえる人がいたことにより助かった。
小出しに出現するナイスな判断をしていたおじさんの正体がラストで明かされる。ホテルの人は誰も気づかなかったのかな~とか、相棒が隠した書類には何が書かれていたのかとか気になるところはあるけれど、思っていたよりも面白かったので無問題!
「クローザー」のキーラ・セジウィックさんがレポーター役で出ていました。