いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

肩ごしの恋人

【概略】
たとえ不倫でも恋愛は恋愛、とシングルライフを楽しむ新進写真家のジョンワンと、女の幸せはお金持ちとの結婚、とマダムライフを楽しむヒス。ある日ジョンワンの部屋に、夫の浮気が原因で家を飛び出した親友ヒスが転がりこんでくる─。
ドラマ


.0★★☆☆☆
な~んかどっちにも共感出来ずという感じ。今の私と両方ともかけ離れてる境遇っていうのもそうなんだけど、それぞれの生活、それで満足できないの?と思っちゃう^;そりゃ人間自分にはないものを欲しがるのはそうなんだけど、この2人、すでにそれぞれの道で幸せを掴んでるんですよね。そういう意味では格好いい2人ですが。
仕事と恋人。金持ちのマダム。ふたりは親友だけど、だからこそお互いに相手より「格上」を目指してる気がする。ほら、私はこんなに幸せなのよって。まあそれが女性世界か。怖いよね~。唯一良かったのは二人は別の世界にいること。だからこそ親友のままでいられたのかもしれない。
本音の恋愛トークは辛口で、女性二人の不倫映画になってる気がする。交際した既婚男性に恋愛感情を感じるようになったら、絶対安心の保険のような夫が浮気していることを知ったら、どうするか?そこを訴えたいんだと思うけれど、いまいち2人に共感出来ないのでピンとこない。
結局ヒスは元サヤに、ジョンワンは自分を大切にと収まるのだけれど、奔放すぎて理解出来ない。でもこれ、原作は日本小説なんだよなぁ…。福山雅治の話題がでるのはそのせいなのかな?ただ女性が輝く作品としてはいいのかもしれないですね、ラストの2人は何か吹っ切れた感じがして輝いていました。