いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ガーディアン -ハンニバル戦記-

【概略】
紀元前218年。地中海を拠点にする小国・カルタゴの若き将軍・ハンニバルは、10万の兵と37頭の戦闘巨象を従えてローマ帝国へと進軍、時の巨大帝国を驚愕させる。
史劇


.0★★☆☆☆
BBC製作の有名なカルタゴの英雄ハンニバル将軍の物語ですが、どちらかというとNHKでよくあるドラマ風味の歴史系TV番組って感じです。
歴史好きには面白いと思う。私はこのあたりの時代は詳しくないのですが、でも「ローマの盾」ファビウスも出てくるし、マゴも、もちろんスキピオも出てきますよ!(当たり前か)
少年時の父との誓いのシーン(多分場所はバアル神の神殿)や、ピレネー山脈・アルプス山脈越えもあるし、非常にわかりやすく史実に忠実です
まあ、観た人のほとんどは映像として多分一番注目したいところはカンネー(カンナエ)の戦いだと思うんですが…これ物凄い決戦なんですよね、かなりの数の官僚・司令官・将軍含め6万人強のローマ人が亡くなります。映像的には簡潔で非常にわかりやすい大戦になっていました(戦術部分を説明しながらそれを映像化して大戦しているような感じ)
後年はザマの戦いでも敗れ、結果的には祖国に裏切られる形のまま自殺。ローマ人からは冷血非道の鬼のごとくいわれていましたが、戦術・戦略家としてはやはり凄い。彼の戦術を後世まねた戦いもあるくらいです。ただ一部、時間がないせいかちょっとぞんざいな展開のところもあります。そして出来れば、16年の間の無敗部分…戦術家としての部分をもっとみたかったなーと。