いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

蛾人間モスマン

【概略】
湖で仲間のひとりが溺死し、それを事故に見せかけようと細工したキャサリンたち。10年後、キャサリンは久々に故郷へと帰るが、再会した友人たちが次々と不可解な死を遂げ…。
ホラー


.0★☆☆☆☆
なぜか父がネーミングセンスが気に入ったのか、これを借りてきました。TVムービーですね。
UMA(未確認生物)モスマンというのは結構有名で、ポイント・プレザント一帯を脅かした謎の未確認動物(UMA)。宇宙人のペットであるとの説(エイリアン・ペット説)もあるんですね。個人的には先住民族の呪い説を支持したいところ。ゲーム「女神転生」シリーズでは、比較的可愛らしい姿で登場しますが、実際には目がギラギラと赤く輝き、目と目の間隔が大きく開いている…らしいです(目撃者証言)。舞台となったポイント・プレザントには、目撃者のスケッチを元にした「モスマン」の鋼鉄像なんてものもあるんだそうな、まるで戦隊モノの怪人みたい^;
残酷描写はほとんどなく、その手が苦手な人には見やすいとは思いますが、苦手な人はそもそもタイトル・ジャケみてこれ借りないよね^;
お話はモンスターパニックとはちょっと違う。10年前の湖の事故死隠蔽事件の関係者が次々殺されていくっていうありがちなパターンです、犯人がモスマンってだけで。魅力的なキャラクターもいず、CGレベルもたいした事ないので、お勧めは特に出来ません。…が、これCG巧く処理してモスマンが壮絶に襲撃してきてたらならもっと面白くなったかもしれない。それにしても、フランクが殺される必要はなかったのでは?むしろ隠蔽の犠牲者ですよね?