いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

彼女はパートタイムトラベラー

【概略】
平凡な生活にうんざりしていたダリアス。彼女はある日、先輩記者の取り上げたおかしな広告記事の真相を探るため、同僚と共に取材旅行へ出掛ける。
ドラマ


.0★★★☆☆
実際に掲載された「タイムトラベルの同行者求ム」という広告を元に映画化したファンタジックドラマ。
ダリウスは、ある日雑誌の追跡記事のネタとして田舎のローカル紙に出た謎の個人広告「時間旅行のパートナーを求ム…ただし身の安全は保障できず」の掲載主を捜すことに。同行するのは同じくインターンのインド系のPCオタクのアーノーとその地元に土地勘のある編集者のジェフ。彼らは地元のショッピングセンターに勤めるケネスが広告主であることを突き止め、信頼を得てタイムトラベルに備えた訓練が始まるのですが…。
コミカルで夢のある話!あーでもどうだろう、実際にこんな広告が出たとして、応募するかなあ?「怪しい」でバッサリ終わる可能性が高いかな。
ダリウスとケネスの交流が中心で、いたって真面目にタイムトラベルの内容を打ち明けてくるケネス(彼は一度成功していると主張)。彼に付き合う内に心惹かれていくダリウス自身にもタイムトラベルを信じたい理由(少女の頃に戻って母の死を止める)があって。しかし、後にケネスが言っていた事と反対の事象がでてくるのです。
それは、一度過去に戻ったときに「修正した」事柄だとするケネス。つまり亡くなった元カノを救ったために未来が変わったということ。ケネスはダリウスに「君のために戻る」という。
ラストは完全にSFでビックリ。本当にタイムマシンをつくりあげてしまってたんですね。
どこか心に空白をもっている男女二人の、こじんまりとまとめられたヒューマン・ドラマでした。