いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

カムイ外伝

【概略】
掟に縛られた忍の世界を抜け、真の自由を求めてさ迷うカムイは、ある日藩主の愛馬を殺した漁師・半兵衛の命を助けたことで、彼の家に迎え入れられるが…。
アクション


.0★★☆☆☆
評判がかなり悪かったので期待せず観ました。
忍者アクションを再現するにはCGやワイヤーアクションを使わないと出来ないのはわかりますが、スロモを多用したワイヤーアクションには正直辟易してしまいました。あとOPで全てを語ってしまっていて、OPだけで十分なのではとも思ってしまいます。
また抜け忍や追忍になるという裏の事情の恐ろしさや背負うものの重々しさが感じられないというのが一番ダメな部分なのではないでしょうか。ただ単に抜けたよーな印象しか残らなかった。各々事情を抱える者達を一人ひとり倒してそれこそ生き抜かねばならないカムイの物語にしては、存外明るい作風となってしまっていた。群青色の海がそういう印象にさせたのもあるでしょうが、裏事情をきちんと描かれていなかったからじゃないかと思う(OPで語られたにしても)。
ただ変移抜刀霞切りや飯綱落としを実写で見られたことは単純に嬉しく、悲壮感や悲哀、絶望感を漂わせ消えていくカムイの姿には悲しさを感じられた。実写にするにはかなり難しい作品だと思いました。
決してダメ映画ではありません。松山さんの忍らしい走り方なんかもよかったですし、ただCGがちょっと失笑気味でした。もうちょっときれいに編集できないのかなーと思ってしまいます。
それにしてもEDの作り方は酷かったですね、合わない音楽がすっとはいってきてしまう…これでは余韻もなにもないよ^;
原作ファンの人はどう受け取っただろうか。不動とのシーンなんかは不満あるんじゃないかな。