いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

亀、走る

【概略】
停職中に妻の金を持ち出して博打で大儲けするも、強盗に金を奪われてしまった不良刑事・ピルソン。その強盗犯が指名手配中のソン・ギテであることを知った彼は、ギテに闇討ちを仕掛けるが…。
ドラマ


.0★★★☆☆
「チェイサー」のキム・ユンソクが、ダメ刑事役で奮闘してます。冴えない定職中の田舎の刑事が嫁の金をこっそり持ち出して闘牛大会で大儲けするも、強盗に襲撃され金を奪われてしまう。それも逮捕する所かボコボコにされて。実はその強盗ギテは脱獄犯で、武術を身に付けたつわものだったのでした。
後日、ギテの隠れ家を見つけて襲撃するもピルソンは指を切られ負傷、取り逃がしてしまう。そして警察をクビになってしまうんですね。ピルソンはなかなかギテが捕まらず、憔悴していく。
地味な作品なのですが、ピルソンの素朴な性格が憎めなく、彼をつい応援してしまう感じです。シリアスなだけではなくコミカルな部分や、相変わらずつかえない韓国警察などの描写もありますが、それも良かったと思います。
アクションだかコメディだか分からない部分はありますが、妻子らから情けなく思われ、都会の刑事たちからは馬鹿にされている田舎刑事が、必死に名誉回復のため奮闘する姿は、可笑しくもあり、哀れでもありで、なかなか味わいがあったと思う。
対峙する2人の男、実際に走り回ってたわけではないんですけれども、振り回されてたせいかピルソンが走り回っていたような印象があってそれが凄く印象的でした。ラストは二階級昇進でハッピーエンドかな。