いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

敬愛なるベートーヴェン

【概略】
1824年ウィーン。うら若き女性がベートーヴェンのアトリエにやってくる。彼女の名はアンナ。作曲家を志す彼女は、ベートーヴェンの新曲のコピイストとして雇われたのだ。期待に反し、女性のコピイストが来た事に憤るベートーヴェンだったが、やがて彼女の才能を認め、アンナは彼の作曲を支える存在となる。初演を間近に控え、昼夜を問わない創作活動を通して、二人の間には師弟愛以上の感情が芽生えていく。
ドラマ


.0★★☆☆☆
ベートーヴェンといえば運命、エリーゼ、そしてやはり「第九」、この「第九」初演シーンが本当に圧倒される。合唱部では鳥肌がたっちゃいました。演奏終了直後の彼の無音(振動)の世界がまた、胸を熱くさせました。これは有名な演奏後に大歓声に気づかなかったエピですね。ただこの中盤の演奏シーンがあまりにも強烈だったので後半はちょっと拍子抜けというか気が抜けちゃったかんじがあります。個人的には演奏中やその後の洗ってくれシーンなど官能部分は要らなかったと思うのだけれど…。
難聴で不器用で気難しいとされるベートーヴェンをエド・ハリスは無神経で粗暴ながら繊細な情熱家として演じてました。ただ、やはり、紙一重です。残念ながら個人的な違和感はぬぐいきれなかったかなあ。
モーツァルト、このベートーヴェンときて次あたりにバッハを期待しちゃったり。