いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

警察署長ジェッシイ・ストーン 4番目の真実

【概略】
連続殺人事件の捜査を進める警察署長、ジェッシイ・ストーン。逮捕されたリチャードは3人の殺害は認めるものの、4人目の犯行は否定していた。
サスペンス


.0★★★☆☆
マサチューセッツ州で起こった女性切り裂き連続殺人。4番目の犠牲者に潜む驚愕の真実とは…。
ハードボイルド作家、ロバート・B・パーカーの原作を映像化したシリーズ第9弾、どうやらTVドラマのようですね。9弾だけど私は初見です。
連続猟奇殺人の犠牲者を調査する腕利きの警察署長ジェッシイ・ストーン。犯人としてすでに逮捕されている“ボストンの殺し屋"リチャードは、3人の殺害を認めて自首してきたが、4人目の殺害は否定する。しかし、極秘扱いとなっている殺害方法で殺されているため、同一犯人と断定されていた。果たして4人目の殺害に隠された真実とは何なのか、そして真犯人は…と言うお話。
田舎町パラダイスで警察署長を務めているジェッシイ・ストーンの活躍で、パラダイスの悪は一掃され穏やかな日々が続いていた。ジェッシィは州警察が抱える未解決事件を嘱託という形で担当することに。
見てるとどうやら「お馴染み」の脇役キャラたちと近況報告をしつつ抱えている事件の真相に迫っていくという「お約束」な展開のシリーズのようですね。多分他の8作品もそうなのでしょう。
ところで今回ジェッシイが注目したのは切り裂き魔事件。捕まった犯人リチャードが、そのうちの最後の1件は自分の犯行ではないと頑なに否認しており、そこに不自然さを感じていた。
部下の通称・スーツを小間使いのようにして使うところはなんだかいい感じ、それと現場に残された犬をひきとるところとかも。犬は『聞いていた』」。「納得できない時は前提を疑え」
メイヴィス殺害の犯行は痴情のもつれだったんですねえ…。警官とコールガール、邪魔になったメイヴィスを警官だった犯人がリチャードの犯行のようにみせて生きたまま腹を割いて殺した…。えげつない犯行。
保護施設に行く少女が可愛かったな。あの子なら大丈夫でしょう。アルコール依存でも母親を愛しているから。