いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

劇場版 怪談レストラン

【概略】
ブキミな洋館・怪談レストランのある山桜市では、人々が突然姿を消す怪事件が発生していた。そんな中、怪奇現象専門の中学生探偵・天野ハルの妹が姿を消す。
ホラー


.0★★★☆☆
アンガールズ田中の人体模型の出来の良さには驚いた。あと剛力彩芽がこれに出てたとは知らなかったのでそれも驚いた。
ちなみに原作読んでません、存在は知ってたけど50巻以上にも及ぶ人気作だったとは知らなかった。たくさん出てるなーとは思ってたんだけどね。
ホラーだがファンタジー。全く怖くない、むしろ寒い(?)。西村雅彦さんの白塗りギャルソン、紫ババアの片桐はいりさん、芸人を使ったお化け要素などなど、完全に子供向け作品ですね。アニメパートと実写パートに分かれているけれど一応話は繋がっている。
次々と失踪してしまう人々。その人々には死神からのメールが送られてきていた。「564219(語呂読みでOK)」それが4回目に送られてくるとその場から姿が消えてしまう。それを防ぐには「967(く・る・な)」と返信しなくてはいけない。都市伝説のような感じですね。

実写パートでは、消えてしまった妹を探すヒロイン、ハルの物語が進んでいきます。死神メールで姿を消した人々が、実は死神に携帯で写真を撮られ、メールであの世に送られているというのは現代っぽくて上手い設定だと思います。「あの世」のシーンがなかなか面白かった。
いちいち伸びる髪を切りながら話す髪長人形に変えられた妹、ぺらぺらにされたジュン。最初にも書いたけど、人体模型@アンガールズ田中の出来のよさには驚くど。片桐はいりさんの男前度もスゲー。
なかなかシュールな世界観で、笑えるという笑いではないのですが(むしろ寒い)、コミカルさもあり、なかなかどうして不思議な作品になっていました。ちなみに甥っ子は笑いながらこれを見ていました、それなりに面白かったようです。