いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

劇場版 水滸伝

【概略】
中国三大名著のひとつ「水滸伝」を映像化した中国TVシリーズ全86話を再編集した劇場版。今から約千年前。様々な事情で世間から弾かれた108人の英傑が自然の要塞・梁山泊に集結。悪徳官吏を打倒し、国を救うべく立ち上がる。
アクション


.0★★☆☆☆
水滸伝は北方謙三さんの水滸伝くらいしかまともに読んだことがないので、かなり偏った見方をしてしまいますが、まっそれでもいっか、てなくらいの気持ちで鑑賞。
86話を100分に凝縮ですから、無論めちゃくちゃダイジェスト!人の見分けがつきません(笑)私はとにかく燕靑と林冲と魯智深と史進と花榮がどうなってるのか気になってですねー…。
冒頭で108人揃ってるのとか笑った。なるほど、主要メンバーが仲間になる経緯を回想形式で紹介していくんですね。

(画像は左から 林冲、魯智深、楊志)
林冲の血で文書を書くのとか無理だろ、と思いつつもありえるのが中国!林冲のイメージはいい感じでした。魯智深のイメージはかなり違うなーもう少し理性的な感じなんですが…荒くれハゲ親父でした。眉毛が濃いな!岩を蹴って飛ばすのとかさすが武侠小説だわ。
人気主要キャラだけ過去話があるっぽですな。燕靑は一瞬;(いい男でした。さすが美青年)それにしても史進の話がなかったのはビックリ。
「替天行道」懐かしいです!梁山泊に集まる面々は、替天行道の旗のもと、戦いをはじめるのだった。って、ちょ、祝家荘終わるの早すぎね?ここメイン戦闘シーンでしょ…?そういえば、他の戦いの中で花榮の弓一発シーンはあったけど、その花榮も若すぎる@@;

えーー!ここで終わるのかよっ!!!続きが気になっちゃうじゃないか!「我ら108星の生き様を見よ!!」って…。少年漫画(ジャンプ)じゃないんだからやめてー!(色んな意味で)燕靑じゃないけど私が死域に達するよ…!