いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

劇場版 零~ゼロ~

【概略】
山間部の女子寮で暮らすアヤが部屋にこもってから数日後、生徒たちが次々に姿を消し、水死体で発見される。少女たちはある写真を見て以来、アヤの幻に悩まされていた。
ホラー


.0★★★☆☆
ホラーゲーム「零~zero~」の実写映画化ですが…実はゲームプレイしてないんですよ。なのでここがどうとか詳しい事はいえないですが、多分、これじゃない感は映画とゲームであったと思う。
キャストが、なかなか雰囲気のある美少女揃いでそこは良かった。けどこれ全く怖くないんですよ。ホラーというより…な作品だった。
主要キャストはアヤとミチなんでしょうが、その二人の主軸にたどり着くまでの話が、存外に長い。あと美山加恋ちゃんが成長して急にでかくなった印象があるのが痛い。ミチ役の森川葵さんのショートカットが凄く可愛らしかった。
百合要素があったなー。「女の子だけがかかる呪い」「午前零時ピッタリに好きな人の写真にキスするの」その呪いは相手と一緒に黄泉の国へ行く呪いだった…。
礼拝堂で次々と倒れてく女生徒たちはなかなかインパクトあったものの、どのくらい閉じこもってたかは知らないが、実はアヤは部屋で死んでいたって設定が一番怖いかもだね。途中から元気に「謎解き」を始めた時点でその設定ではなかったわけですが。クリリンなイタコまで出てきたときには失笑しちゃった。
結局事の真相は、心中事件で生き残った片割れである院長先生が死んだ少女のための片割れをアヤの双子の姉に課して殺したというになるのかな?シスターはこの土地の心中した少女たちの想いを吸い取ったアヤの双子の姉マヤの遺体を隠すため、貯水池に近づく少女たちを殺していたと。
百合ホラーとしてはそこそこ。