いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

劇場版 「 猫侍 」・劇場版「 猫侍 南の島へ行く 」

【概略】
かつて百人斬りと恐れられながら、今では浪人になり果てていた男に、敵対一家の親分が飼っている猫の暗殺依頼が舞い込む。
時代劇


【概略】
江戸での士官が叶わず、故郷・加賀藩で浪人生活を送っていた久太郎。ある日、姑・タエの提案により土佐へ単身赴任することになり、愛猫・玉之丞を連れて旅立つが…。
時代劇


.0★★★☆☆
劇場版の第一弾と第二弾。ドラマ版はみてません。
北村一輝さん演じる浪人の凄みのある外見とは裏腹の心の声が、笑いと愛らしさを生む作品ですね。猫好きさんは必見でしょう。私も犬猫どっち?ときかれたら猫派なので、ツンデレ白猫・玉之丞の愛らしさにうっとりしました。
犬って子供がもう1人増えたみたいな感じなんだけど、猫って大人がもう1人増えたみたいな感じなんだよねー。この違いわかるかなあ?
ゆるゆるで笑いで癒し系というコメディ時代劇ドラマなんですが、猫に萌えっとなるのもわかる気がする。北村さんに抱かれてる白猫のうっとりとした顔が「信頼」を物語ってますよねー。
お話は時代もの(と、はちゃめちゃ)ですが、玉之丞の美しさに胸キュン。あ、そういえば胸キュンでキュンとなるのは胃なんだそうですね。(どうでもいいトリビア)
北村さんははまり役だし、美猫・玉之丞に癒されたのか、微妙に一作目と二作目の画像の斑目久太郎の険の取れた顔が、印象的でもある。
一作目は犬派と猫派の大騒動で、犬も猫もどっちも可愛い「動物を斬るなんて許せねえ」ってのが根本にあるのが良かったっすねえ。エンドロール中の白猫が可愛すぎる。二作目は士官のツテで土佐藩に行こうとする途中でうち上げられた南の島で玉之丞が神様に祀られるっつーお話。