いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

GAMER-ゲーマー-

【概略】
生身の人間を使ったオンライン戦闘ゲームのキャラクターに駆り出された囚人たちが、生き残りを懸けて壮絶なバトルを繰り広げる。
SFアクション


.5★★★☆☆
ジェラルド・バトラー主演。
実際の人間を使ったFPSもの。私はオンゲーでもFPSものはプレイしたことはないのでわかりませんが、メタルギアオンラインをやってる弟なんかがみたら面白いのかも?
演出なんだろうけれど、映像がこまかに動きすぎて見難い。それがスタイリッシュにみえるのならまだいいのだけど、ただ見難いだけでした。
プレイヤーは17歳の青年。アバターはジェラルド・バトラー演じるケーブル。「デス・レース」のように死刑囚をつかった生き残りバトルです。そのため、最先端の脳内ナノマシーンやネット技術の面なんかはあるけれども、設定上の新鮮味は薄いかなぁ。
途中からこのゲームに反対する組織ヒューマンズの力を借りて、ゲームではなく脱獄を図り妻と娘を取り戻そうとするんですが…タイトルとはちょっと違う話になっちゃうけど、序盤のような乱銃撃戦だけをみているよりは面白かったかな。ただ、全体にあまりパッとしない作品ではあります。
海外ドラマの主役メンバー(デクスター、クローサー)がでてるのにはびっくりした~。