いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

源氏物語 千年の謎

【概略】
絢爛豪華な平安王朝の時代。藤原道長は娘・彰子に帝の心を向けさせるため、紫式部に物語を書くよう命令する。紫式部が綴る「源氏物語」はたちまち帝の心を掴み…。
ロマンス


.0★★☆☆☆
現実世界と物語の虚構の世界を交互に描きながら進んでいくという面白い試み。しかし本来は長い「源氏物語」のうち、扱われているのは超前半の一部、藤壷、葵の上、六条御息所、夕顔あたりしか登場しない。重要人物である「紫の上」が扱われていないのは非常に残念です。
紫式部が思いを寄せていたのが藤原道長だったというのも新しい解釈でなかなか面白いところをついてくると思った。そして女の陰の部分がドロドロと彼女を侵食し始める。文字というのは不思議なもので、後に残り後を引く。書いた物語は彼女の願望であろうか、そう考えると愛欲に狂い嫉妬に走るいわば「女」というものに現実味がでてくる。六条御息所の女の情念は、式部の修羅そのものなのかも。
現実世界での禍々しい雰囲気は、現代人が当時に抱くなにやら漠然とした怪しげな空気を醸し出していました。田中麗奈さんの六条も情念いっぱいでなかなか良かったです。物語と現実世界をつなぐ清明役の窪塚洋介さんは棒読みな感じなんだけど、演技なのか下手なのか「魔界転生」の頃から変わってませんね^;
でも、式部が当時の女性として恋心、葛藤、憎悪、嫉妬、三角関係によるパワーバランスなど、細やかで難しい女心をつらつらと物語に含ませて書いていたことを考えると、なんだかにんまりしちゃう話じゃないですか?しかも大長編。それこそ妄想女子全開な感じで。