いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ゾンビ・ハイスクール

【概略】
アメリカ屈指の名門リンカーン高校。いじめられっ子のエディは、いじめっ子のブラッド、学校一の美女でチアリーダーのジャネット、アメフト部のジミー、ゾンビ映画オタクのパンク少女ウィローらと一緒に補習授業に参加していた。すると突然、生徒の一人がうめき声を上げ苦しみ出す。そして保健室に連れて行こうとした先生に噛み付き、教室内は大騒ぎに。エディたちが外に逃げ出すと、学校中の先生、生徒がゾンビと化していた!
ホラー


.5★★★☆☆
主人公のメガネ君達が補習のために集められているうちに、なんらかの原因で校内はゾンビだらけ。彼らは生き残りのため運命共同体になるが…。
ホラーというよりは青春ドラマみたいで、実際図書室に入ってからはゾンビの影もなりをひそめて会話劇になります。ゾンビはのろのろ系ですので簡単にやっつけられるものの、ゾンビ映画オタクのゴス娘がいなかったらうまいこと事はおさまらなかったでしょう。メガネ、いじめっ子、チアリーダー、アメフト部、ラリッてるアジア系、ゴス娘というキャラは描きわけができている。ヒロインはゴス娘です。
全編通して緊迫感やスリルといったものはほとんどなく、コミカルパニックになる学園モノですので、オタク系とマッチョ系の間の深い溝だったりお約束の恋愛事情があったりとおバカな内容が繰り広げられます。
ホラーなんだけど、恋愛ドラマ、青春ドラマの気が濃厚で、ジャンルを一瞬迷いました(笑)尺も短いし、テンポも悪くないし、ゴス娘の嫉妬や主人公との二人の間に流れる(ゾンビ映画見てる人にも)共通の感覚とかも面白かったです。
バカだなあと思い失笑しちゃったのが、やはり股間をゾンビにつかまれて~のシーンでしょうね。
そういえばいつの間にか軍隊が制圧してくれちゃってましたけど、こういう展開も珍しいのでは。
またエンド・クレジットで、ゾンビ愛に溢れた歌が流れるのが笑えました。