いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ゾンビランド

【概略】
人類の大半が人食いゾンビと化した世界で、引きこもり青年のコロンバスは、ゾンビの世界で生き残るためのルールを作り、それを実践して生き延びてきた。故郷へ向かう旅の途中、屈強な男タラハシー、したたかな姉妹ウィチタとリトルロックに出会い、ゾンビがいないとうわさされる遊園地を目指してサバイバルの旅を続ける。
ホラー


.0★★★☆☆
冒頭のスローでみせるゾンビ襲撃場面の掴みからして万事OK、笑ってしまった。また、生き延びるためのルールが面白くニヤニヤしてしまいました。今までのゾンビ系作品でのツッコミどころでもあった部分も消化されていてあるあるとうなづいてしまう。「ヒーローになろうと思うな!」なんかは特にそうだよね、死亡フラグ一直線だもん。
まあそういうわけで元ひきこもりオタクが自分ルールを駆使してゾンビ世界で生き残っていたところ、旅の道連れが出来るわけです。目指すはゾンビのいない(らしい)遊園地!…というアクション・ロードムービーですね。ちなみに姉妹の姉はエマ・ストーン、妹のほうはアビゲイル・ブレスリンちゃん。

いちいち主人公がなにかルールに該当する行動を取るたびに画面上でそれを表示してくれる辺りが親切かつおバカでよろしい。
だいたいこういった作品は仲間が次々と…となるとは思うのですが、なにやら強くて全くそんな気配もない。だいたいロードムービーが基本でゾンビさんの印象が薄めですよ(笑)ビル・マーレーの死亡シーンも笑っちゃった。
R15指定になっている感染系の走るゾンビさん。デブは真っ先にやられてました…私死亡だな(笑)
さて目的の遊園地ですが、ゾンビ+遊園地と聞いたらなにやら非常に楽しそうな雰囲気ですが、実際のところ後半の少しだけだったのが惜しい。もっと遊具で色々出来たら面白かったんですけどね~。…というか、あんなライトアップしちゃったら群がるのも当たり前だよね。
何度も出てくるトゥインキーというのはお菓子のことだったんですね。