いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ダーウィン・アワード

【概略】
優秀なプロファイラーでありながら血を見ると失神してしまうサンフランシスコ市警殺人課所属のマイケル。連続殺人犯を取り逃がしたことを気に辞職に追い込まれた彼は、ダーウィン賞の受賞者が保険会社に毎年、数百万ドルの損失を与えていることに気付き、自らを保険会社に売り込んだ。独自のプロファイリング能力を武器に、女性調査員シリとコンビを組むことになった彼は、”ダーウィン賞”にまつわる案件を調査するため、アメリカ横断の旅にでる。
ドラマ


.0★★★☆☆
もっとこうほんとに「うっかり死んじゃいました」な何でこんなことで死ぬの的なお馬鹿ムービーを予想していました。
ストーリーも一応あり、恋愛まであり、そしてこの物語の中でも描かれてるダーウィン賞的要素をもった人々はやはり可笑しい。
「馬鹿げているとはみじんも思わず、堂々と自信を持って実行し、あげくに死ぬ」と書くとみもふたもないですが、なんだかそのお馬鹿加減が妙に爽やかにも思えちゃう。
ただ、不謹慎ではあるんですが、ダーウィン的馬鹿さにあとひとひねりが足りない気がします、大笑いにはモチロンいきませんが、クスリ笑いにもあと一歩手前の感じ。
そういう意味ではラストの「メタリカコンサートを見たかった青年」の片割れはナイスな落ちでした。