いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ダークハウス

【概略】
廃墟で5人の若者が惨殺され、ルイス刑事が捜査を担当する。彼は精神分析が専門のクラインと共に唯一の生存者・ジョンから事件の真相を聞き出そうとする。
スリラー


.0★★★☆☆
ジェームズ・ワン監督が製作・原案を務めたスリラー。
DEMONICという原題からわかるとおり、悪魔などのホラー要素を含めた作品です。
それは、絶対にやってはいけない遊び…。
一体彼らは「何」に殺されたのか?唯一の生き残りの証言で次々に明らかになる事実とは?証言と実際に起きた映像を同時進行で見せ、徐々に全貌が明らかになっていくタイプの作風です。
20年前儀式殺人が行われた家で、唯一生き残った母親の霊を家の中で見たというジョンのため、心霊現象を暴こうというメンバーが揃い、降霊会を実施する若者メンバーたち。一人、生き残ったジョンという青年にルイス刑事は精神分析が専門の恋人クラインを呼んで、事件の真相を聞きだそうとするのです。犠牲者たちは降霊術によって悪魔に殺されたというのだが…半信半疑ながらもクラインがジョンの話を聞いていくうち、驚愕の事実が明らかになる…。
短尺なのもあって、テンポ良く進みます。次々と降りかかる心霊現象と高い霊的数値、私ならこんなとこに来るのはごめんだわさ。
通信機を通じてブライアンがジョンを攻撃してるような感じになるのも中々良かったと思う。「全員皆殺しだ、皆殺しだ」皆殺し。これが封印をとくために必要なもの、そして器。
ミッシェルの妊娠は「純粋な魂」をもつモノにのりうつるという封印されてた悪魔側の狡猾な罠。
まあ~良くあるタイプの作品でしたが、そこそこ面白かったです。