いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ダーク・ハウス 戦慄迷館

【概略】
お化け屋敷で大儲けしているウォルストンは、ある屋敷をアトラクションに仕立て上げようとする。しかし、その屋敷は7人の子供が惨殺された猟奇殺人事件が起きた場所で…。
ホラー


.0★★★☆☆
ジェフリー・コムズさんがでてますね!
かつて7人の子供達が惨殺された現場をみてしまいトラウマになった主人公クレア、そこにその屋敷をお化け屋敷アトラクションに改造しようとする男が現れる。「過去と向き合うまで君の病気は治らない」という医者の言葉もあって、オバケ屋敷に必要な俳優達をスカウトしに来たというウォルストンに仲間達と共に雇われることになる。
震えて入れもしないといっていたわりには、意外と簡単に入館しちゃったのとか、幻影をみても意外と平気だったりとかは不自然だけども、それをいってしまうと物語は進みませんのでね…。
アトラクションなんかは結構つまんないんですが、廊下の立体映像はなかなか楽しそう。恐怖心が鍵になってでてくるそうです。
エルドンの首チョンパはちょっと笑っちゃったけどね、当然B級ホラーだと思います。
14年前の真実でようやく話がつながる。本当は8人いたんだね。ダロード夫人役の人が熱演してましたね。