いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ダークロード 闇夜の逃亡者

【概略】
投資会社の経営者・トーマスは、富と名声を手に入れた若き実業家。ある日、共同経営者のウィルヘルムが何者かに殺害され、トーマスは容疑者として拘束されてしまう。
サスペンス


.0★★★☆☆
マッツ・ミケルセンがみたくて借りました。
ベンチャー投資会社の経営で成功した実業家トーマス。ある日トーマスの経営パートナーが何者かに殺害され、その容疑者として逮捕されてしまう。無実を訴えるトーマスだったが、そんな中過去トーマスに追い詰められて自殺を図ったはずの男モーガンから電話が。妻子の命が惜しければ、海外口座のアクセス・コードを教えろ、と迫られる。そして、トーマスは、妻子を守るために警察の目を盗んで逃走する…。
一昔前のハリソン・フォードが演じそうな。
唯一信用できる部下のファビアンにアレキサンダー・スカルスガルド。実業家としてのトーマスを尊敬し彼をサポートするんですが、それにしてはあまりにもファビアンのトーマスへの信頼はいきすぎている…。ファビアンは父親の会社を乗っ取られたという過去があるようで多分それを助けたのがトーマスなんだろうね。だから恩義を感じているのかもしれない。それにしてもテープを奪ってこいとか無茶させられる。

無実を証明出来る秘密のテープ。モーガンが人を殺す映像の中に、トーマスがいる様子が一瞬映ります。悪いやつですよ、実はね!というのをラスト出しするのは上手い演出だなあ。何度も巻き戻して見るファビアンの元にすべて終わらせたトーマスが…というラストはちょっと怖い。ファビアン逃げてー!と思っちゃった。「コピーしたか?」「出来るわけない。あなたは恐ろしい人だ」信頼だけじゃなかったんだね。畏怖が混じってた。


【見どころ】
娘を溺愛するマッツ、頭を使って警察から逃亡するマッツ(頭突き)。よれよれスーツ姿のマッツ。殴られ拷問されるマッツ。腹黒マッツ。