いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

タイガーマスク

【概略】
児童養護施設で暮らす伊達直人は、ミスターXに天性の素質を見出され、最強の闘士となるべく特訓の日々を送ることに。10年後、たくましく成長した直人はタイガーマスクの候補に選ばれる。
アクション


.0★★☆☆☆
うーん、日曜朝のヒーローものレベル…かな?まあそうそう期待してたわけじゃないので(ムキムキの肉体にマスクとか)がっかりレベルもかくっときたくらいかなあ。
なんていうか仮面ライダー…いやタイガー?どうも怪人と戦ってるようにしかみえないんですわ。
原作・アニメともども知らない世代ではあるのですが、ファンはみちゃいけない、そんな作品になってるとは思う。
タイガーマスク(潜在能力を限界以上に引き出す)ホワイト、ゴールド、ブラック。なんね、この設定。
子役の少年たちは頑張ってたと思いますよ。でも哀川翔さん威厳もないし、なんか弱そうだし…ミスターXミスマッチ。
マスクの色によって強さが違うので、ブラックを得た直人は、つまりは最強という事になる。力と俊敏さ両方を持つ戦士ということ。しかしマスクをつけてフルパワーで戦うには肉体的に時間が足りないのであった。
もともと仲たがいしていたホワイトタイガーに選ばれたジョーに、ゴールドに選ばれたダンが倒されてしまう。闘士として終わった敗者には死。「情けとは弱者が持つ物」
昔育った児童養護施設を燃やされた直人は、虎の穴に戻り、ジョーが変身したグレートタイガーと対決するんだけど、既にどうみてもタイガーじゃないのよね^;一応プロレス技で攻めてみつつも、やっぱり仮面タイガー…。