いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

タイタス

【概略】
舞台は古代ローマ。将軍タイタス・アンドロニカスが凱旋してくる。敵であるゴート賊の女王タモラとその息子たちを捕虜にして。戦死したタイタスの息子たちの霊をなぐさめるために、タイタスはタモラの長男を生け贄に捧げようとする。どうか命だけは助けてやってほしいと懇願する母タモラ。だが、タイタスは、彼女の目の前で息子を殺し神に捧げる。タモラは復讐を誓う。シェイクスピア作品。
ドラマ


.0★★☆☆☆
あえて完全に映像を歴史ものにせず現代イマジネーションのまま進んでいくので、ちょっとわかりにくいのかもです。(私は完全歴史もので行って欲しかったな)ただシェイクスピアのあの「タイタス・アンドロニカス」を単純なグロテスク映像だけにせず、でも残虐性を感じさせる作りになっていてそこは良いと思う。シェイクスピアの独特の台詞回しもそんなに気になりませんでした。
人肉パイのくだりのアンソニー・ホプキンスの猛りが素晴らしいです!
ただラストやその他いたるところに反戦メッセージ的な表現がされていて、そこはちょっとな~…。主題が残虐なこともありこれも好き嫌いが分かれそうな作品ですね。