いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

大帝の剣

【概略】
徳川幕府が誕生して数十年後。世間では謎の金属オリハルコンで作られた三種の神器を集めれば、絶大な力が手に入ると言い伝えられていた。その神器のひとつ“大帝の剣”を持っているのが、大男の万源九郎。源九郎は残りの2つを探す旅をするうちに、異星人に寄生されてしまった姫・舞と出会ったがために、異星人同士の大バトルに巻き込まれていくことになる…。
アクション


.0★★☆☆☆
とりあえず…ほんと監督さんの好きなように滅茶苦茶をやった!!!というある意味達成感のある映画ですね。
バカバカしすぎて、ある意味では面白かったですが…時代物でもないSFでもないはちゃめちゃ特撮活劇になってます。子供向け特撮のノリに近い感じ。
すべてにおいておふざけと笑えないギャグ満載(←わざと狙ってるのかも)で、一見大作にみえてかなりチープな安上がり仕上げ。こういうの好きな人にはたまらんかもです。
役者陣は楽しそうですね、はっちゃけてます。阿部さんの瞳がやたら輝いてました。