いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

タイピスト!

【概略】
都会暮らしに憧れて、田舎から出て来たローズは、保険会社経営のルイの秘書に応募。晴れて採用されるも、ドジで不器用なローズは、一週間でクビ確定に。「ただし――」と、意外な提案をもちかけるルイ。ローズの唯一の才能<タイプの早打ち>を見抜いたルイは、彼女と組み世界大会で優勝するという野望を抱く。その日からルイのコーチ魂に火が付き、地獄の特訓が始まる。
ラブコメディ


.5★★★☆☆
とてもチャーミングな映画でした。田舎者の天然娘がレディへと成長していくスポ根映画でもあります。
ヒロインはデボラ・フランソワさん、キュートなファッションやオシャレなインテリアや髪型でとっても可愛い。ロマン・デュリスさんは「ハートブレイカー」での嘘泣きの演技(笑える!)とは違う印象を残しますね。なんか痩せた?
タイプの才能を見抜いた保険屋のルイは秘書としてローズを雇う代わりにタイプ大会の優勝を望む。ルイの家で生活する事になり、特訓を重ね…。
1本指打法から10本指への矯正、難解な文学書のタイプ、それにピアノレッスンやジョギング、集中力の特訓。
手品が見たい?で子供(特に娘)が口をパクパクさせているのが印象強い。
フランスの大会で優勝したローズは、広告に出たりして一躍時の人に。そのあと世界大会に出るんですね、これがまたタイプが早い。あの時代タイプが打てることは女子の憧れだったんですねえ。
展開的にはフランスはやっぱり恋!ですわな。色んな言葉で「愛してる」が伝わるのが面白いですよね。愛という感情は言葉は伝わらなくてもわかるんですねえ。
「アメリカ人はビジネスを、フランス人は恋を」←これがまさに的を得ている言葉でしたねえ。