いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

抱きたいカンケイ

【概略】
ある日、男友だちのアダムとSEXフレンドの協定を結んだエマ。日頃のストレスが発散できる便利で気楽な関係に夢中になるふたりだったが、次第に気持ちがズレ始め…。
ラブコメディ


.0★★★☆☆
ナタリー・ポートマン、アシュトン・カッチャー共演。
簡単にいっちゃうと、セフレが本気の愛になっちゃうって話。でも、生真面目に見えるナタポなので、きわどい台詞はあるけれど、あまりいやらしい感じはしないですね。
セフレありきの話なので、そこでゴメンナサイな人もいると思う。体だけの関係っていってもすくなからず相手に好意をもっていないとそんなことは出来ないと思うし(…と私は考えます)嫉妬したりしちゃうのも仕方ないのかなーなんて思ったりもしました。
15年前の子役時代役の2人も彼らに似ているので違和感がなくて可愛かったですね。
エマに恋をしているアダム、恋に臆病なエマ。すれ違う2人の感情のもつれは、セフレ解消になってしまうんだけど、そしてお決まりのラスト。結末がみえている作品ですから、どこであとは面白くするかですが、軽快な作品で軽く観るには最適な作品でした。「それ以上近づいたら…」の決め台詞は素敵でしたね。