いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

竹取物語

【概略】
一人娘・加耶を病気で失い、失意にくれる竹取の造が竹藪で赤ん坊を拾う。造と妻・田吉女のもとでみるみるうちに成長した少女は、実は月からの使者だという。満月の夜、かぐや姫を迎えに巨大な宇宙船が飛来する。
SF


.0★★★☆☆
うわあ凄く懐かしい(笑)これ小さい時に見たなあ。
当時としては新解釈な月のお迎え=宇宙船てのがとにかく印象深い。
今の技術や作り方からすると、突っ込みどころも満載ですが…CG技術のない当時として考えると、まあそれなりに特撮映像も凝ってます(今見ると笑っちゃうけどもね★)。
みなそれぞれ棒読みくさい演技ではあるものの、単や和装はなかなか豪華ですし、加耶(かぐや姫)役でもある沢口さんも可愛い♪
宇宙船ドーンのところだけしか覚えていなかったのもあり、以外と新鮮な気分でみれました。
加耶が求婚者に望んだもの。龍の首の珠、蓬莱の玉の枝、火鼠のかわごろも…あれ?仏の御石の鉢と燕の子安貝は??(どうしてこの二つ抜かされたのかな?)