いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

TAJOMARU

【概略】
室町末期。畠山家の長男・信綱と次男・直光は、将軍・足利義政より「大納言の娘・阿古姫を妻に娶り、その財産を継いだ者を管領とする」と告げられ…。
時代劇


.0★★★☆☆
ネオ時代劇ですね~。舞台劇風でもある。「藪の中」の多襄丸の一部の設定だけを借りた全くの別物です。当然映画「羅生門」とも全く違うよ(多襄丸は三船さんが演じていました)。
兄に家臣に姫にも裏切られ、それでも男が行き着いた先は。不条理な運命とその運命に必死に立ち向かう男の物語。
ただストーリーは二転三転するものの薄っぺらく深みが足りない。
桜丸は御所様に幼少より慰み者にされたんだろうなあと想像につきやすいですが、阿古との疑心暗鬼からなる誤解、人の欲には限りがなく、それに翻弄される人々が哀れ。一歩違えばまた違ったはずなのに。
多襄丸を受け継ぎちょっと青春モノになっちゃうんだけど、真実を知ってからもやっぱりこれといった見所がないなと感じる。盗賊稼業もどうもパッとしないんだよね。迫力がなく淡々としている。ただ所司代に詮議を受けるシーンは小栗さんはいい演技をしていましたがそれ以外は正直いまいちだったと思う。
ツッコミどころは多々あれど…本田博太郎さんの渋い演技が良かったです。