いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

TATARI タタリ 呪いの館

【概略】
呪われたヴァナカット精神病院から生き残ったただ一人の生存者サラは謎の自殺を遂げ、彼女の妹にあたるアリエルが、サラの死の理由を突き止めようと立ち上がる。アリエルは、サラが死ぬ前に残したヴァナカット医師の日記を手にする。そこには、呪われた館に関する手がかりが残されていた。しかし、それは同時にトレジャーハンター達の標的にもなってしまう。欲に目がくらんだトレジャーハンターら連れられアリエルは呪われた館に入れられてしまう。だが、館に踏み入れる者たちを無数の邪悪な霊が待ち受ける。
ホラー


.0★★★☆☆
TATARIの続編。例の呪われた精神病院が舞台、前回で生き残った二人のうちのひとりサラの妹が今回の主人公でした。前回と同じく事件で生き残った血族の人が狙われる設定(主人公一族とか残ってるし!)かと思いきや、な、なんか微妙…。前作のほうが面白かったです。ビジュアル面は強くなってますが、邪神バフォメット像のせいだったよ~ってのがどうもなあ…。個人的に、単純に悪霊の仕業のほうがよかったかな。
焼却炉で焼かれた死人たちの、とろけた一瞬の顔がグロくてナイス。