いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

旅するジーンズと19歳の旅立ち

【概略】
大学生活の最初の一年が終わり、待ちに待った夏休み。遺跡の発掘のためトルコへと旅立つブリジット。バーモント州で、クリエイティブな熱気あふれる演劇の世界に飛び込むカーメン。ロードアイランドの美術大学で、新しい恋と過去の苦い恋を見つけるリーナ。そしてブライアンとの関係で、大きな一歩を踏み出すニューヨークのティビー。
ドラマ


.5★★★☆☆
あの4人の3年後、19歳の夏の出来事。大学に入学しそれぞれの道を歩み始めた幼なじみ4人、それでも友情は不滅。
今回は母への思いを胸にトルコへ発掘に向かうブリジット、バーモントで演劇の世界に飛び込むカーメン、ロードアイランドで新しい恋と過去の恋に葛藤するリーナ、ブライアンとの関係が変わるニューヨークのティビーと、それぞれ全然別の場所ながらも、繋げてくれるのはやはりあのジーンズ。
3年を経て成長した彼女達を取り巻くのはやはり、恋愛ごと。大人への入り口に立った彼女たちに直面する悩みや苛立ち、葛藤。それでも友情が彼女たちを支えてくれる。
「魔法」はジーンズじゃなくて、彼女達自身の心だってことがよくわかる作品でした。ジーンズはその象徴に過ぎないんだよね。若さ溢れる彼女達の青春がキラキラと輝いていて、眩しい!
今作でもギリシャがでてきて、青と白のコントラストが美しいのなんのって。そしてそれにアレクシス・ブレーデルさん(リーナ役)が合っていて相変わらず美しい~。