いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

チーム・バチスタの栄光

【概略】
東城大学付属病院では、心臓手術“バチスタ手術”の専門集団「チーム・バチスタ」を結成、連続手術成功記録を延ばしていた。しかし突如、三例続けて術中死が発生する。心療内科医師の田口がにわか探偵を引き受けるが…。
サスペンス


.0★★★☆☆
最近バチスタ手術ってよく聞きますよね。それを題材にしたミステリー小説の映画化です。
主役の2人は、竹内さんがポヘッとした心療医師田口を、阿部さんが破天荒なキレモノ役人白鳥を演じていました。田口が(多少ですが)バチスタ手術を勉強していく過程もあり、田口先生ののほほんとした雰囲気もあって医療ものにありがちの激しい緊迫感が薄めに作られているので、それもあって医療ミステリのイメージより「見やすい」ですね。
個人的には看護婦の野際さんがいい感じ(ちょっとしか出ませんけどもね)。ミステリーとしては、動機などがなんていうか…あれなので、犯人を探すミステリーとしてみる映画ではないのかも。
映画の中でもいわれてましたが、確かにそうだなと思ったのが、オートプシー・イメージング(でしたっけ?)。手術中に死亡した患者の解剖手術なんて、確かに聞いた事がない。
実際に医療に携わっている方が原作者なんでしたよね、伝えたいのはこの辺りの事だったのかな。