いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

茶々-天涯の貴妃(おんな)-

【概略】
織田信長の姪として生まれ、豊臣秀吉の側室となり、徳川家康と天下を賭けて戦い、のちに淀君と呼ばれた女“茶々”。彼女の知られざる生涯と血脈の戦いを絢爛豪華に描く歴史大作。
ドラマ


.0★☆☆☆☆
わあ…これは…^; どういう宝塚?
歴史スキーからすると「えー@@;」ってな演出がたくさんです。ドラマティックに盛り上げるためとはわかっていても、突っ込みたい衝動を抑えれませんでした…。
やっぱり宝塚出身なのもあって、和央さんの発声がかなり素晴らしいのですが、いかんせん気丈というには少し男らしすぎるところと、表情が表現過多になりすぎるところがあるのが玉に瑕。
歴史ものというよりは 女の生き様的な物語のほうが強く、本筋はポンポン進んでいくものの、ラスト付近はちょっと冗長気味。ファンなら楽しめるのかもですが、やはり男装姿とかは映画とするとちょっとやりすぎだったかな~と。