いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

超高速! 参勤交代

【概略】
幕府から「5日以内に参勤交代しなければ、藩を取り潰す」という無理難題を吹っ掛けられた貧乏小藩の奮闘を描く。
時代劇


.5★★★☆☆
八代将軍・徳川吉宗の時代。1万5千石の小藩・磐城国湯長谷藩に存在するという金山略奪を狙い、江戸幕府が無理難題を吹っ掛ける。「5日以内に参勤交代しなければ、藩を取り潰す!」。
参勤交代を終えて戻ったばかりだというのに、理不尽な命令を受ける磐城国の架空の小藩、湯長谷藩主・内藤政醇。その裏には藩が所有する金山を取り上げようとするあくどい老中の企みがあるのですが、この金山、名ばかりで実を伴わないものだったのだ。唯一誇れるのは肥えた土で作られた大根くらい…。武芸を奨励し、閉所恐怖症、超お人好しだが領民思いの藩主のため、家臣らは知恵を絞って苦肉の策にでるのだった…。
「超高速」ってほどのスピードではなかった。ただ、普通の参勤交代の行列が長い時間をかけてとろとろ進む事を考えると、早回し参勤交代ってくらいかなあ?
西村雅彦さんには笑わされましたが、さすがに巧いよね。あと崖から飛び込んであの浅い川でなんでみんな生きてるんだとかツッコミどころはありますが、まあ面白かったからいいのか。
大量の忍者がでてきちゃうところはちょっとゲンナリしましたが、そこも合わせての本作なんでしょうね、個人的にはもっとコメディ寄りでも良かった気がします。期待していたほどではなかったのでちょっと拍子抜けたものの面白かったです。
飢饉の際に隣藩に米を分けていたなどの日頃の行いが、この参勤の助けとなりましたねー。大根の漬物を手土産にする実直さも買われていたと。