いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

デアボリカ

【概略】
医者に妊娠を告げられた人妻・ジェシカ。しかし、つわりは酷く、吐血するまでに体調は悪化。そんなある日、そんなジェシカがついに発狂し始め…。
ホラー


.0★★☆☆☆
エクソシストでのオカルトブームにのっとったイタリア映画らしいんですが…冒頭の悪魔降臨シーンからドン引き!かなり露骨なエクソシスト+ローズマリーの赤ちゃんに似せたシーンがあります。
いたいけな少女ではなく妊婦の人妻。緑色の液体、首の回転、浮遊などの人気のシーンを一通りクリアして(笑)最期は口のない奇形児を産むんですが…。さすがマカロニ・ホラー…色々な意味で凄いわ。
オカルト部分に宗教が関係してこないんですね。良く考えると結局この悪魔はなにがしたかったのか。器としての誕生と思いきや実はすでにジェシカの息子に憑依。結局すべてはこの悪魔の手のひらの上、ただ、あのおもちゃの車とディミトリの運命とがシンクロするのは良い展開だと思う。
ただジェシカ役で体当たりの汚れ役を演じたジュリエット・ミルズさんが道端のバナナを拾って食べるシーンや吐くだけでなくそれをすするシーンなどは奇妙で印象強いかも。