いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

DISCO ディスコ

【概略】
かつてダンスフロアを席巻した“ビー・キング”の3人は、小さな港町で冴えない生活を送っていた。そんな中、地元でダンスコンテストの開催が発表され…。
青春


.0★★★☆☆
エマニュエル・べアールが美人インストラクター役で出演しています♪
さえないおじさん達が、ダンスフロアでのかつての栄光を取り戻すという話です。サタデー・ナイト・フィーバーはもう30年前なんですねえ…。
私はディスコ世代ではないので感慨深さや懐かしさはないんですが、ノリノリの曲とどこかで聞いたことのある曲なんかは良かったですね~♪今からするとちょっぴりダサい感じ(片手は上に指差して片手は腰に手をあてて右足まげて左足のばしてフー♪みたいな)が笑えました。ディスコは宗教だ!とか地上50センチでポンポン♪とか、確かにこれは笑いつつもドン引き(笑)
ただ、彼らは40歳。心は若いつもりでも、やっぱり体にキレがない。それにダンスが時代遅れ。そこで発起してダンスを習うわけです。
馬鹿トリオの中で無口なウォルターは見た目素敵でした。それにしても「愛の風車」というあの動きに「一緒に回ろう→星にむかって」そんな意味があったとはー!
「見せてやる!お前の息子にカンガルーを見せてやる!」には笑ってしまいました(笑)なんつー作戦。まあ、そういうわけでビー・キングは決勝進出!
しかし、相当練習してたんだろうねーコンテストでの彼らは最高に格好良くみえました!相手チームも勿論よかったけれど、あの盛り上がりをみればわかるけどビー・キングは周りをまきこむ楽しさが違ったよね!また選曲が良かった。ノリノリです♪
へんにべたべたな恋愛に終わることなく、息子と再会できたラストも良かったです。意外と面白かった。